競馬商材の使いどころ

明日の重賞レースは、函館スプリントSとユニコーンS。

商材を使って買い目を出す方は両レースは少し注意したほうが良いですよ。

 

函館スプリントSの近5年の連対馬は内枠&先行馬に偏っています。

枠番 着別度数
1枠 1- 1- 2- 3/ 7
2枠 2- 0- 0- 6/ 8
3枠 1- 2- 1- 4/ 8
4枠 0- 0- 1- 7/ 8
5枠 0- 0- 0- 9/ 9 
6枠 0- 0- 0-10/10   
7枠 1- 2- 0- 7/10
8枠 0- 0- 1- 9/10

 

脚質成績
————————-
脚質上り  着別度数      
————————-
  逃げ    0- 1- 1- 3/ 5 
  先行    4- 2- 1-11/18 
  中団    1- 2- 2-19/24 
  後方    0- 0- 1-22/23 
————————-

このように連対馬には枠や脚質に偏りがあり、
この法則を無視して馬券を買えば高い確率でハズレ馬券を買うことになります。

ここで注意なのが、「商材を使って買い目を出す場合」です。
商材はある一定の条件に該当する馬を購入することで回収率をあげるのですが、

この「ある一定の条件」には「レースの傾向」や「枠順」などは含まれていません。

ですから、函館スプリントSみたいにある程度好走する馬が見えているときには商材を使って買い目を出してしまうと、高い確率で外すことになります。

偶然にレースの傾向に合致している馬と同じ馬を商材が選出した場合には
その時は期待できる馬となります。

あすの函館スプリントSでは単撃で選出した馬はレース傾向に合致しないので凡走は確実そうです。

重賞レースなどはある程度傾向が読めるので、固くなりそうなときにはそのレースを見送るか、商材を使わずレースの傾向を重視すると良いです。

ユニコーンS

 

ユニコーンSもレース傾向がはっきりしていて、上位人気は崩れづらい傾向があります。

人気 着別度数 勝率 連対率
1番人気 3- 2- 0- 0/ 5 60.0% 100.0%
2番人気 0- 3- 1- 1/ 5 0.0% 60.0%
3番人気 2- 0- 1- 2/ 5 40.0% 40.0%

1番人気は連対率100%と鉄板です。

アジアエクスプレスが崩れる可能性は限りなく低いとデータでは表れています。

このようなときに商材を使って買い目を出して、その馬を軸に馬券を購入してしまうとハズレる可能性が高いので、このような場合データを重視して馬券を組み立た方がハズレる可能性は低いです。

こんな感じで明らかにデータで傾向が出ている場合は商材の買い目よりデータを信頼したほうが回収率はアップします。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

管理人のマーボーと申します。
競馬商材を実践・検証をして商材の効果的な使い方や
競馬に役立つ情報を発信するブログです。

記事をまとめて読みたい方はコチラ↓


ブログ訪問
ありがとうございます^^



お問い合わせ

気になる事があれば、気軽にメールしてください^^

お問い合わせ

お気に入りに追加

次回からのアクセスが楽になります^^

競馬商材 レビュー・一覧

このページの先頭へ