今年から中央の騎手になった戸崎騎手の狙いどころとは?

2013年に大井競馬場から移籍となった戸崎騎手ですが、
2011年の安田記念でリアルインパクトに騎乗して地方ジョッキーの身で
中央のGⅠを制覇している実力のある豪腕ジョッキーです。

すでに、皐月賞の前哨戦、弥生賞では
サトノネプチューンでの参戦が決定しています。

地方騎手時代にも中央で活躍実績のある騎手ですから、
中央移籍→即活躍も期待できるのではないでしょうか?

早速、戸崎騎手がどのようなコースや
どのような調教師の馬に乗れば好走が期待できるのか
データを調べましたので、参考にしてください。

コースデータを調べるとダートはもちろん
芝コースの成績も非常に良いのが特徴です。

特に成績が良いのは「中山ダート1200」・「東京芝1600」
「中山芝1800」など。

特に今週から中山開催に移るので、中山で成績が良い、
戸崎騎手を積極的に狙ってみるのも面白いと思いますよ^^

1つ注意なのは中山芝1200での勝ち星がないと言うことくらいです。
(ちなみに表の一番下です)ただ、乗り馬に左右されることがあるので、
一概には苦手という事はできません。

実際に中山芝の成績は良い訳ですし。

 

コース

着別度数

勝率

連対率

複勝率

単勝回収値

複勝回収値

中山・ダ1200

12- 8- 3-51/74 16.2% 27.0% 31.1% 148 78

東京・ダ1400

7- 7- 7-35/56 12.5% 25.0% 37.5% 90 73

東京・芝1600

6- 4- 3-37/50 12.0% 20.0% 26.0% 183 104

中山・ダ1800

5-12-12-52/81 6.2% 21.0% 35.8% 21 82

中山・芝1600

5- 6- 2-27/40 12.5% 27.5% 32.5% 39 162

中山・芝1800

4- 2- 1-17/24 16.7% 25.0% 29.2% 253 101

東京・ダ1600

3- 5- 8-64/80 3.8% 10.0% 20.0% 33 80

中山・芝2000

3- 4- 1-14/22 13.6% 31.8% 36.4% 90 123

東京・芝1800

3- 3- 4-30/40 7.5% 15.0% 25.0% 59 73

新潟・ダ1800

3- 1- 0- 3/ 7 42.9% 57.1% 57.1% 97 80

東京・芝2000

2- 3- 2-18/25 8.0% 20.0% 28.0% 38 56

福島・芝1800

2- 2- 1- 3/ 8 25.0% 50.0% 62.5% 98 152

東京・芝2400

2- 0- 4-11/17 11.8% 11.8% 35.3% 57 135

福島・芝2000

2- 0- 1- 3/ 6 33.3% 33.3% 50.0% 185 78

中山・芝2200

2- 0- 0- 5/ 7 28.6% 28.6% 28.6% 104 40

東京・芝1400

1- 4- 4-39/48 2.1% 10.4% 18.8% 25 79

福島・ダ1700

1- 2- 3-11/17 5.9% 17.6% 35.3% 62 87

東京・ダ2100

1- 2- 2-10/15 6.7% 20.0% 33.3% 58 111

東京・ダ1300

1- 1- 2-15/19 5.3% 10.5% 21.1% 32 43

福島・ダ1150

1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5% 32 296

福島・芝2600

1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 207 115

福島・芝1200

1- 0- 3-12/16 6.3% 6.3% 25.0% 94 96

中京・芝1400

1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 275 145

新潟・芝1000

1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 247 65

新潟・芝1600外

1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 70 30

函館・ダ1700

1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 127 42

函館・芝1200

1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 315 105

中京・芝2000

1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 205 80

中山・芝1200

0- 2- 3-16/21 0.0% 9.5% 23.8% 0 91

どのような調教師と相性が良いのか?も調べてみたので、
参考にしてください。

特に注目して欲しいのは、
表の一番上の「堀厩舎」との相性です。

複勝率が65.5%・単勝回収率が277%と言う驚異的な数字を残しています。

安田記念のリアルインパクトやラジオNIKKEI賞でのファイナルフォームなど
重賞級の馬がまわってくる「堀厩舎」との関係は深いです。

今週の弥生賞でも「堀厩舎」のサトノネプチューンに騎乗予定ですので
注目ですね。

調教師

着別度数

勝率

連対率

複勝率

単勝回収値

複勝回収値

(美)堀宣行

8- 7- 4-10/29 27.6% 51.7% 65.5% 277 171

(美)上原博之

6- 1- 4- 7/18 33.3% 38.9% 61.1% 113 162

(美)田村康仁

5- 2- 3-21/31 16.1% 22.6% 32.3% 111 76

(美)清水英克

3- 0- 3-14/20 15.0% 15.0% 30.0% 118 93

(美)菊川正達

3- 0- 0- 9/12 25.0% 25.0% 25.0% 200 70

(美)小笠倫弘

3- 0- 0- 9/12 25.0% 25.0% 25.0% 200 60

(栗)清水久詞

3- 0- 0- 2/ 5 60.0% 60.0% 60.0% 408 134

(美)加藤征弘

2- 8- 0-14/24 8.3% 41.7% 41.7% 38 116

(美)柴崎勇

2- 4- 1- 9/16 12.5% 37.5% 43.8% 48 83

(美)河野通文

2- 3- 0- 4/ 9 22.2% 55.6% 55.6% 71 117

(美)鈴木康弘

2- 2- 1- 3/ 8 25.0% 50.0% 62.5% 110 121

(栗)矢作芳人

2- 2- 0- 7/11 18.2% 36.4% 36.4% 179 90


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

管理人のマーボーと申します。
競馬商材を実践・検証をして商材の効果的な使い方や
競馬に役立つ情報を発信するブログです。

記事をまとめて読みたい方はコチラ↓


ブログ訪問
ありがとうございます^^



お問い合わせ

気になる事があれば、気軽にメールしてください^^

お問い合わせ

お気に入りに追加

次回からのアクセスが楽になります^^

競馬商材 レビュー・一覧

このページの先頭へ