本気馬券術の考え方で函館スプリントCを考える

今週から函館開催が始まります。

ローカルコースはコーナーがきついので、
内枠が有利になりやすくなっています。

函館スプリントSも内枠有利の傾向が強く
今年もこの傾向が続くと考えています。

本気馬券術的な考え方で予想をすると、
まず、前走で力を出せなかった馬を探します。

 

それは、テイエムオオタカとパドトロアです。
2頭とも前走は芝1400mの京王杯スプリングカップ。

このレースで上位を占めたのは、差し馬と追い込み馬でした。

先行したテイエムオオタカとパドトロアには不利な展開で
おまけに速い上がりを使える馬にしかチャンスがないレースでした。

テイエムオオタカとパドトロアは1200mを得意としていて、
切れ味で勝負するタイプではなく、ガンガン先行して粘りこみを得意とする馬なので
切れ味で勝負できない前走は仕方のない負けです。

舞台は変わって函館1200は、ガンガン先行して粘りこみを計る馬には絶好の舞台です。

ですから、テイエムオオタカ・パドトロアはこのレースで巻き返す確率は高そうです。

さらに、言うならば函館スプリントカップはここ5年、内枠(1~3枠)の馬しか勝てていなく
1枠2番のテイエムオオタカは鉄板の軸馬になります。

 

本気馬券術的に考えればこのような考え方です。

各々で多少の違いはあると思いますが、大前提は好走しそうな人気のない馬を軸にするという考え方です。

前走、力を出せなかった馬の妙味を考えて、
その時のペースや馬場の状態を読んで、高配当の馬券を狙います。

簡単ではありませんが、高配当を的中させる感覚は気持ち良いですよ^^

もちろん、ロジックなどの競馬商材を使って、
簡単に馬券を的中させることもできますが、自分でレース分析して、馬券を的中させるのも競馬の醍醐味です。

 

button_0

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

プロフィール

管理人のマーボーと申します。
競馬商材を実践・検証をして商材の効果的な使い方や
競馬に役立つ情報を発信するブログです。

記事をまとめて読みたい方はコチラ↓


ブログ訪問
ありがとうございます^^



お問い合わせ

気になる事があれば、気軽にメールしてください^^

お問い合わせ

お気に入りに追加

次回からのアクセスが楽になります^^

競馬商材 レビュー・一覧

このページの先頭へ